ひとりぼっち だった




























































ああ ボクは
ボクは

おわり ばかり 願って いたのに






next